ADL維持の為に…… | ウェルチェは、愛知県名古屋市西区・北区、静岡県浜松市北区で介護福祉関連事業(グループホーム・居宅介護支援事業所等)の運営を行っています。

ウェルチェ

ブログ

つぶやき

2017年11月17日

ふたば

ADL維持の為に……

こんにちは!名古屋市北区楠のグループホーム、うぇるケアホームふたばの職員、川瀬・松永です!

ご存知の方も多いとは思いますが、まずはADLのご説明を致します。

食事や着替えなど日常生活の中で生じる基本的な動作をADL(Activities of Daily Living)日常生活動作と呼びます。

具体的には、着替え・食事・排泄・入浴・歩行などがADLに当たります。このADLは介護をし過ぎてしまうと徐々に衰え、一つ一つの動作が出来なくなる、もしくは時間がかかるようになってくると「ADLの低下」とみなされます。

ADLを保つためにも全てを介護するのではなく、出来る事はご自分でやって頂くように努めております。ただし、その日の体調によって出来る日、出来ない日もあります。その場合は職員がお手伝いする場合もありますが、無理をしない程度に時間がかかってもゆっくり自分で動作をして頂いております。

長くなりましたが、皆さんの運動の様子をどうぞ~(∩´∀`)∩

ラジオ体操は毎日欠かさずやってま~す♫(”ω”)ノ

月に一度の書道教室も手指の運動になります!「うまいだろぉ」(^ム^)

職員が寄り添って一緒に歩行訓練です!「だいぶ歩けるようになったよ~」(*^^)v

「これぐらい片手で楽勝だぜッ」(‘ω’)ノ

このように室内でも日常的にADL維持につながるような、何気ない動作を行っています!

今回もお付き合いありがとうございました!

名古屋市北区楠 うぇるケアホームふたば 職員 川瀬・松永

ブログ一覧に戻る

ページの先頭へ